音楽

2011年2月11日 (金)

沖縄に行ってきた①

Photo

ずっと行きたかったキリンジのライヴ。
まさか沖縄まで行けるとは
行った自分に驚いてます。。。

沖縄どころか、旅行、しかも1人で旅行なんてしたことないのに。

飛行機に乗る前も、乗ってる時も、
その後も
Twitterで知り合ったフォロワーさんには
大変お世話になりました。

何も考えずに1人で参加を決めたけど
1人のようでいて1人じゃなくて
ほんとに1人では何にもできなくて
一緒にご飯食べてくれたり、
ライヴを隣で見てくれたり、本当にありがとう。

飛行機の時にお話してくれた方(男性)
そのお隣でお話してくれた方
この方、実はTwitterで相互フォローの方だったの。
彼女には最初から最後まで、かなり助けてもらったし
彼女がいたから乗り切れた部分が大きい。

その他にも不思議な偶然が多かった沖縄。

2011年2月 3日 (木)

素晴らしきかなキリンジ②

すいません、すっかり自分語りになっていますが・・・

実は私、パニック障害(PD)で
悪かった時に比べたら、だいぶ良くなったと思います。
すごく重い方に比べたら、私は軽いほうなんじゃないかな。
広場恐怖というか、その場から逃げられない恐怖がの方が大きい。

どれくらい前からなのかな、、、
2003年か4年にはなってたかな。
一番悪い時は、電車に乗れませんでしたもん。
行動範囲は、徒歩と自転車で行けるとこのみ。

美容院は2年半行けなかったし。。。
それを思うと、だいぶ薬にお世話になったけど
沖縄に行けたことは、今でも夢ではないかと思ったり。

そんなこんなで、ライヴに足を運ぶというのは
ものすごく高いハードルで
あと1人でライヴに行くっていうことも、できなかったし
(映画は1人でも行けたけど、ライヴだけは1人寂しいと思ってた)
子ども小さいし、それを置いてライヴに行くという選択は
その当時の私にはなかったのです。
厳格な両親に育てられたからか、基本真面目すぎます。
(今なら、預けられる環境だったら、速攻行くけどね♪)
あっ、あと、お金もなかったbomb

だからキリンジのライヴに参加できたのは
今回の『BUOYANCY』ツアーが初めて。
正確に言うとおととしの“馬の骨”が最初

ライヴハウスっていうのは、ぎゅうぎゅう詰めで身動きがとれないもの。
そういうビジュアルしか浮かばなくて、遠い世界。

それでも、
一番後ろで姿が見えなくても
ヤスの生の歌が聴きたくて聴きたくて
やっと聴けたのが2009年。

ちゃんと事前に薬はしっかり飲んだけど
不思議と楽。
ヤスの声からはα波が出てるとか言われるけど
本当にそうだと思う。

薬よりも効いたなーhappy01

ああ素晴らしきキリンジ①

キリンジとの出会いは
20世紀最後の年
2000年の11月。

土曜の深夜に放送している
TBSの『COUNT DOWN TV
この時の順位は30~40位の間。
流れてきた“エイリアンズ”に
釘付けになった。
多分、サビの部分が15秒くらい流れていただけ・・・。

そんな短い出会いだったけど
忘れないように、曲名とミュージシャン名を
頭の中にインプット。
アルバム『3』を借りて(お金なくて買えなかった)
何回も何回も聴いて
もっと彼らの音楽を聴いてみたくなって
ファースト・セカンドと続けて借りた。(本当にお金なかったの)

インディーズの頃はもちろん知らないし。
デビュー当時も全く知らない。
『3』から聴き始めた、ある種王道な入り方。
子どもが小さくて、
普通の音楽自体あまり聴いてない時期。

何で?どこに?
今でも説明するのは難しくて
何でなんだろう、今でもよく分からない。

でもあの15秒間に、何かが、すとんと、落ちてきたんだよね。

千年に一度の“ミレニアム”
キリンジの音楽と出会わなければ
私は飛行機に乗って、沖縄に行くことは
できなかったと思う。